2006年07月23日

そこで、

円建てのファンドの魅力が出てきたのです!

もちろん、海外ファンドの魅力は衰えません。高い収益性、日本の経済に関わらずに収益を上げる可能性・・・。

できれば皆さんには、
その場その場の環境によって、両方を使いこなしていただきたいのです。
たとえば円安トレンドのときは海外ファンドを、円高トレンドのときに円建て海外投資ファンドを買うというように。

>>かしこく簡単に資産運用!
posted by 上手な資産運用@荻原 at 21:35| 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。